このページでは、包茎手術後の経過と注意点をまとめています。

 

私も包茎手術の経験がありますので、その時の経験や病院の説明などを元に解説していきます。

 

これから包茎手術を受ける際の参考にしてください。

包茎手術後の経過と注意点

手術の当日から翌日、1週間、、、と術後の経過を解説していきます。

包茎手術後の経過や腫れ、傷口

包茎手術の当日

包茎手術後の当日は何もやれることはありません。
シャワーもできないですし、病院で包帯を巻いてもらったまま寝ることになります。

 

やれることとすれば、手術前にシャワー・入浴を済ませておくことくらいでしょうか。

 

出来るだけ刺激や摩擦を与えないことが大事ですので、事前に買い出しをしておいた方が良いです。

 

あと何もやることがないのは退屈ですし、気がまぎれるグッズを用意しておきましょう。
映画や漫画などの大人しく楽しめるやつですね。

 

くれぐれも、お酒はダメです。
病院によっても違うかと思いますが、手術後1週間はお酒は控えるのが無難です。

 

痛みについては別の記事でまとめていますので、気になる方は参考にしてください。

関連記事:包茎手術は痛い?経験者が手術中の麻酔や術後の痛みを解説

 

もう一点、おしっこは座ってしましょう。
包帯が巻かれていて出しにくいですし、飛び散って包帯が濡れてしまうことがあります。

 

包茎手術の翌日

病院によっては、翌日から仕事が大丈夫と説明する先生もいるようですが、私が経験した手術ですと、少なくとも翌日は仕事は休んだ方が良いです。

 

休みが取れるなら2〜3日は仕事・会社は休んだ方が安心です。

 

手術後の直後を安静にして、傷ができにくい環境で過ごした方が、その後の回復や傷跡にも影響してきますので。

 

翌日からはシャワーOK(患部は濡らすのは禁止です)と言われる病院も多いです。

 

そして、早い病院だと手術後翌日から、遅くても3,4日後から、薬を塗って包帯を交換するという作業が発生します。

 

薬はステロイドが入っており、傷口の化膿を防ぐためです。
包帯も病院で支給されますが、念のため予備で買っておくことをおすすめします。

 

この作業で1番きついのは、最初の包帯をとる時です。
出血量は人それぞれでしょうが、手術後の出血が少なからず包帯についているはずです。

 

その血のついた包帯をはがす瞬間がなかなか痛く、怖いです。

 

そのままはがしにくい場合は、消毒液で濡らしながら剥がせば大丈夫です。
念のため消毒液も用意しておくと便利です。

 

手術後1週間後の腫れや傷口

手術後翌日から1週間後は、薬を塗って包帯を巻いてを繰り返します。

 

その間シャワーは大丈夫ですが、傷口は濡らさない方が良いです。

 

4日くらいたつと傷口もふさがってきて、ほぼ大丈夫な状態ですが、石鹸や雑菌が入ってしまうといけませんので、傷口はそっとしておきましょう。

 

少しずつ腫れている感覚もおさまってくる頃です。

 

少し出血するかもしれませんが、少しであれば心配ないようです。
私も多少出血があり、病院に確認しましたがそう言われました。

 

手術後10日前後で抜糸

私は抜糸不要の糸で手術したので抜糸はなかったですが、手術後10日前後で抜糸する病院が多いです。

 

この頃には普段の日常生活に支障はありません。

 

軽い運動などはできるはずです。
ただここで性器を当てて刺激を与えると、傷口にも影響するので注意してください。

 

入浴やお酒などについても大丈夫です。
お風呂に入ったあとは、念のため傷口を消毒しておいた方が安心です。

 

手術後2週間後の腫れや傷口

手術後2週間くらいたつと、ほぼ前と同じ生活です。

 

腫れも引いているはずです。
まだ突っ張った感覚が少しあるかもしれませんが、そのうちなくなるので大丈夫です。私もそうでした。

 

傷口もだいぶ良くなっている頃です。
痛み、出血、化膿などがあれば、すぐに病院で診てもらうようにしてください。

 

手術後4週間後の腫れや傷跡

手術後4週間後になると、腫れもなくなります。
私も突っ張り感がなくなってきたのもこの頃です。

 

傷跡はまだ残っていますが、これは長い付き合いになるはずです。

 

数ヶ月〜1年くらいかけて徐々に傷跡が良くなっていきます。

 

包茎手術後に大事なこと

最後に、包茎手術後に大事なことについてです。

 

1つ目、当たり前ですが、病院の指示に従ってアフターケアをしてください

 

私が手術をしたABCクリニックもそうでしたが、手術後にアフターケアや注意点の説明を受けます。

 

ちょっと面倒に感じてしまいますが、傷口を悪化させない、早く傷口を防ぐためなど、手術後に必要な処置が書かれています。

 

2つ目、疑問や不安を感じた場合はすぐに病院に連絡して相談するようにしてください

 

これはヤバイな、ちょっと正常じゃなさそうだなと感じたら、すぐに連絡した方が良いです。

 

人によってその感覚や察知する度合いは違うはずです。
でもこんなもんか、そういうものかと思い込み、そのままにしておくことで、症状が悪化する可能性はあります。

 

このくらいのことで連絡しても良いのかな?などとは心配せずに、気軽にアフターケアの相談をしましょう。

 

3つ目、あとは出来るだけ安静にして過ごしましょう
性器への摩擦は刺激は良くありません。

 

会社の休暇を取っておく、手術前に買い出しを準備しておくことで、良い状態で手術後を過ごせます。

 

以上、包茎手術後の経過と注意点でした。

 

後悔しない包茎手術をするためには、病院選びが重要です。参考にしてください。

関連記事:包茎手術・治療におすすめのクリニック【後悔しない病院の選び方】

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。