このページでは、包茎手術のメリット・デメリットをまとめています。

 

私自身仮性包茎の手術経験者ですので、経験して気づいたことなども含めて書いていきます。

 

包茎手術を検討している方はぜひ参考にしてください。

包茎手術のメリット・デメリット

包茎のデメリット

手術のことの前に、包茎であることのデメリットを確認してみたいと思います。

 

ここでは「仮性包茎」についてです。
私が仮性包茎だったので、それ以外のことは経験していないからです。

 

また、真性包茎、特にカントン包茎の場合、機能的な面で早々に手術をした方が良い場合もありますので、早めに病院で診断を受けることをおすすめします。

 

仮性包茎のデメリットに戻ります。

 

仮性包茎とは、勃起すると皮を剥けるが、通常時は皮が被っている状態を言います。

 

仮性包茎は真性包茎・カントン包茎と違い、必ずしも手術が必要ということではありません。

 

日本人の70〜80%は仮性包茎らしいので、だいたいの人は包茎ということが言えます。
みんな仮性包茎ならそのままでいいや!
も選択肢ですが、そのままにしておくデメリットもあります。

 

皮が被っていると、湿度が高くなるので、雑菌が繁殖しやすい状態になります。
包茎のデメリットの1番はこの衛生面です。

 

逆に言うと、医師が包茎のデメリットと主張するのはこの一点です。それ以外は見た目やコンプレックスに関係することなので、本来はさほど問題ではないわけです。

 

包茎の湿度が高い、雑菌が繁殖しやすいという環境が、包皮炎や亀頭炎といった性器の病気になりやすくなります。

 

これは男性本人だけではなく、性行為の相手となる女性にも影響があり、女性の性器の病気にも悪影響を与えます

 

病気と比べると小さい問題ですが、臭いもきつくなるというデメリットもあります。

 

衛生面+臭い」、この対策は日常的に皮を剥いて綺麗に洗うことでほとんどは解決します

 

残りは見た目とコンプレックス、あとはセックス上のデメリットです。

 

包茎は常に皮が被っているので、セックス時に皮がむけて強い刺激を感じると、感度が良いので早漏になりやすいです。

 

また、カリの部分が女性にしっかり当たらないので、女性が刺激を感じにくい、気持ちよくならないというデメリットがあります。

 

ハッキリ言うなら、女性からすると「包茎だと満足しない」ということです。

 

男性とすればそこそこショックですよね。。。

 

最後のデメリットは見た目、コンプレックスです。
サウナでタオルを取れない、パンツを脱ぐ時に恥ずかしい、女性に対して積極的になれない、、、このような状態はデメリットと言えます。

 

包茎であるという事実がデメリットというよりは、その影響が内面的にも影響しているならデメリットと言った方が正しいですね。

 

包茎手術のデメリット

それでは続いて包茎手術のデメリットです。

 

私もそうですが、包茎を治すことを望み、手術をして治ったわけですので、正直包茎手術をしたデメリットは感じません。

 

おそらく、手術で希望していた結果にならないとデメリットになる、さらに言うと後悔することに繋がるはずです。

 

・治療費用がかかる
デメリットというか当たり前ですが、治療費用がかかることをデメリットに感じればそれも1つです。

 

数万円〜数十万円の手術費用がかかります。
私は7万円かかりました。

 

費用について詳しく確認したい方は参考にしてください。
関連記事:包茎手術の値段の相場〜保険適用される?安い費用で治療するには?

 

・手術にはリスクがある
手術ですので少なからずリスクがあります。2つ目のデメリットです。

 

切りすぎてしまって大量に出血してしまった、切る場所を誤って性感帯がなくなった、思っていたよりも手術の痕が目立つ、、、などです。

 

基本的には、仕上がりを綺麗にする手術=難しい手術です。その分費用はかさみます。

 

病院選びは重要ですので参考にしてください。
関連記事:包茎手術・治療におすすめのクリニック【後悔しない病院の選び方】

 

・手術後のアフターケア
3つ目のデメリットとしては、手術の後の回復に時間と手間がかかることです。
数日の痛み、自分で薬を塗って包帯を交換するというケアが必要です。

 

包帯をしているのは1週間です。
その後は普段通りの生活ですが、しばらく突っ張っている感覚が残ります。

 

こちらも手術すれば当たり前なので、小さなデメリットかと思います。

 

包茎手術のメリット

包茎手術のメリットですが、デメリットに合わせて3点あげています。

 

・衛生面が良くなり病気を防ぐ
包茎のデメリットが手術によって解消するのは当然ですね!

 

私も包茎をして初めてわかりましたが、常に剥かれているとサラサラです。確実に清潔になりました。

 

あの独特の臭いがなくなったので、やっぱり汚れていたんだなあと実感します。

 

・セックスにプラス
もともと例に漏れず早漏でした。。。
包茎手術に踏み切ったのは、この早漏改善を期待してのことでした。

 

手術をすると1ヶ月ほどはセックスとオナニー禁止です。

 

解禁したすぐのオナニーはかなり早かったです^^;
セックスについては、大丈夫かなあと心配しながらした影響もあって、最初のセックスはうまくできませんでした。勃起しなかったんですw

 

そんな小さなトラブルもありつつ、徐々に慣れていき、少しずつ早漏が良くなっていることに気づきました。おそらく刺激に強くなったんだと思います。

 

今では以前より確実に改善したことを実感しています。
私にとってはかなり大きなメリットでした。

 

・コンプレックスがなくなり男としての自信がつく
最後にあげるメリットは「自信」です。

 

これが1番大きなメリットかもしれません。
性器なんていつもはズボンの下なので誰にも見られていませんが、不思議とコンプレックスを感じながら生きていたことを感じます。

 

もちろん手術前に、いつも劣等感を感じていたわけではないですが、包茎を治して自分に少し自信がついたことを感じる今、以前を振り返るとそう思います。

 

自信がついたからと言って物凄くモテるようになったわけでもないですが、、、やっぱり男して堂々といられることが嬉しいです。

 

プラス面というよりは、マイナス面がなくなったことによる自信かもしれません

 

以上、包茎手術のメリット・デメリットをご紹介しました。

 

まだ不安や疑問点があるようでしたら、病院のカウンセリングを受けてみるのも1つです。相談は無料ですので、気軽に相談してみるのが良いです。

 

私が手術をしたABCクリニックも無料でカウンセリングをしています。

ABCクリニック公式サイト<無料カウンセリング実施中>

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。