このページでは、こんな不安や疑問を解消します。

包茎手術痛い?ちゃんと麻酔は効くの?」

術後の痛みはどう?実際に包茎手術をした人の話を聞いてみたい」

 

包茎手術は痛くありません

私は2年前に包茎手術を受けました。
手術方法は環状切開術です。

 

治療したのはABCクリニックで、「ABC式Sカット」をしてもらいました。

 

その経験からお伝えすると、包茎手術は痛くありません

 

私も痛みに強い方ではないですし、手術前はかなり怖かったですが、痛みを感じないままあっという間に治療が終わります。

 

もちろん私のチンが鈍感なわけではなく、、、

 

麻酔のおかげです。
麻酔がどういうものか、なぜ痛みが出ないかを解説していきます。

houkei-pain

包茎手術における麻酔について

包茎手術の麻酔は、ほとんどの病院が「局所麻酔」を採用しています。

 

麻酔をしているのに痛いという場合、考えられるケースは次の2つです。


・麻酔を打つときに痛い
・麻酔が弱いので手術中に痛い

 

想像するだけで怖いですが、麻酔の仕組み上、あり得なくはありません。

 

「麻酔を打つときに痛い」の対策

「麻酔が痛い」という場合の多くが、前者の麻酔を打つときの痛みです。
まず針を刺す瞬間ですね。

 

例えば私が手術をしたABCクリニックでは、打つ前に表面麻酔をします。
針が感じないようにするためです。

 

さらに、針が極細で、なおかつベテランのスタッフが「痛点」と言われる痛みを感じる箇所を避けて打ちます
これで打つ瞬間の痛みは消えます。

 

次に痛みを感じるのが、麻酔が皮膚の中にある皮下組織に入っていく瞬間です。

 

極端に言うと、早く麻酔を注入すると痛いです^^;

 

ABCクリニックでは痛みをなくすために、麻酔の温度を体温と同じ36度に設定して、1秒に1滴ずつ注入しています。

 

私も色々調べていますが、ここまで徹底しているクリニックは珍しいです。

 

もちろん他のクリニックでも、麻酔時の痛みをなくすために様々な対策をしています。

 

例えば最大手の上野クリニックでは、深部まで感覚をなくすためにしっかり冷却して、その上で麻酔をするので、打つときに痛みを感じることはまずないようです。

 

このように、包茎手術において1番痛みがちな麻酔を打つ時の対策は、各病院で取り組んでいます。

 

「麻酔が弱いので手術中に痛い」の対策

手術中に痛いというのは悲惨ですよね。。。

 

普通に考えて、麻酔を打つ数倍は痛そうです。
皮膚を切る時の痛みですからね。

 

ただ手術中に痛いケースは少ないです。
そのための麻酔ですから、効かないということはほとんどないようです。

 

私が手術したABCクリニックでもまったく痛みはありませんでした。

 

痛みがある場合は、麻酔の量が少ないケースが考えられます。

 

もし痛みがあれば、遠慮なく先生に意思表示をして麻酔を追加してもらいましょう。

 

痛みは完全に主観ですので、他の人にはわかりません。
「俺には痛いんだ!」の気持ちで、しっかり伝えることで解消するはずです。

 

術後の痛みについて

続いて術後の痛みについて書いていきます。

痛みのピークは翌日まで

痛みは手術の出来や、個人差があると思いますが、私の場合(他の人の口コミなどを見ても)はピークは当日〜翌日でした。

 

まず痛いと感じるのは、麻酔が切れた後です。
手術の直後、帰り道あたりは麻酔が効いているので痛くありません。

 

数時間すると麻酔が切れるので、痛みが出てくる可能性があります。

 

対策としては、クリニックで痛み止めを処方されますので、痛みが出る前に飲んだ方が良いです。

 

痛み止めを飲んでもすぐに効くわけではなく、30分くらいはかかります。心配であれば帰宅後すぐに飲むのが良いです。

 

傷自体の痛みは翌々日くらいには下降していきます。
もし痛みが増す、または出血がひどい時はクリニックに相談した方が良いかもしれません。

 

包帯交換の痛み

痛みそのものは減っていくのですが、包帯の取り替えの時はやはり少し痛いです。厳密には痛々しいです^^;

 

ただここはグッと我慢して適切にケアしないと、治りが悪くなる恐れがあるので耐えましょう!ラストスパートです!

 

詳しくは病院で丁寧に説明してくれるので、指示されたとおりにやれば大丈夫です。

 

抜糸の痛み

私は抜糸不要の糸で手術しましたが、ナイロンの糸だと抜糸があります。
10日前後に抜糸があるはずです。

 

抜糸も痛そうですが、チクチクする程度で痛みを感じるほどではない(そうです)。

 

手術前に事前準備できることはしておく

事前に準備しておくことで痛みやその不安は軽減されるはずです。

痛くない病院の選択

手術の痛みについては、麻酔をしっかりしている病院を選ぶことくらいしかできません。

 

私が手術したABCクリニックは説明したとおり、極限まで痛みを取り除く対策をしています。

ABCクリニックの公式サイトをチェック

 

その他のクリニックを希望している場合は、その病院の麻酔への対策をしっかりみて、わからない点は先生に確認して、その上で判断した方が良いです。

 

私が知っている中でもっとも痛みに配慮しているのが、東京スカイクリニックです。

 

局所麻酔の他に、静脈麻酔をしています
起きていることができない状態(眠ってしまいます)になるので、痛みを感じることがないまま手術が終わっています。

 

ABCクリニックと比較すると値段は上がってしまいますが、予算に余裕があり、痛みを気にするのであればカウンセリングに行って見ると良いです。

東京スカイクリニックの公式サイトをチェック

 

術後のケアに向けた対策

術後は少しですが、自分でやれる対策があります。

 

1つは当日の服装です。
できるだけ患部に接触しない方が良いので、ゆるいパンツ・ズボンを履いていくのが良いです。

 

パツパツですと、どうしても患部と当たって痛みやすいです。
翌日以降も同様ですが、ゆるめのズボンを準備しておくと良いです。

 

あとは、術後は会社の休暇をとっておき、できるだけ動かなくて良いようにしましょう。

 

私は3連休+1日休みましたが、十分でした。
イメージとしては最低2日、できれば3日休みがあった方が良いです。金曜に手術をして、土日休むという感じですね。

 

また、術後に買い物に行かなくても良いように、数日分の食料や飲み物を買っておいた方が安心です。

 

家の中で楽しめる本などと一緒に準備しておくことをおすすめします。

 

あとはたくさん寝て、しっかり栄養を取ることで免疫力を維持できるはずです。免疫力は、傷の治りに直結するはずです。

 

手術前の体の状態も影響するはずなので、体調を整えて手術にのぞんでください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。